土地を手に入れる目途が立ったのであれば、注文住宅を建ててくれる依頼先を決めなければいけません。

この依頼先を決める事こそ家の満足度を左右するポイントになりますので、ここのところは妥協せずにいた方がいいでしょう。

依頼先を決めるためには複数の業者に対して見積もりを出してもらって満足いくところで決めるようにしましょう。

相見積もりを依頼して要望を実現してもらう

注文住宅を建てる場合にはまず見積もりを依頼する必要があります。具体的に建てたいイメージがあると思うので、どのくらいかかりそうなのかを言うことを把握したほうがいいです。

昔から付き合いがあるところがあるのであればそこでもいいかもしれませんが、そういうところがないのであれば一から住宅会社を見つける必要があります。

家を建てるとなると何千万円もかかってしまいますので、1社だけでなく複数社に対して見積もりを依頼してもらったほうがいいでしょう。複数社に見積もりを依頼することによってどれくらいかかるのかと言うことが分かりやすくなります。

ここでどういうところをチェックするのかと言うと、トータルでどれくらいかかるのかということと、要望をきちんと反映されているかということです。疑問があるのであれば、そこで解決をしておいたほうがいいでしょう。

住宅会社をどのように選んでいくといいのか?

見積もりを依頼するとそれぞれの会社から見積書が届くのではないでしょうか。見積書を見た時に反映されていない部分があるというのであれば、なぜ反映されていないのかと言うことをしっかりと確認しましょう。

この段階で確認をしておかないと満足いく家づくりができなくなります。反映されない理由があるでしょうからそれを理解すると共に、代替案が無いのかどうかも聞いておくといいです。

見積もりにおいて安ければいいかと言うとそういうわけではなく、見積書を見て納得できるかどうかがポイントになってきます。

納得できるかどうかというの見積書だけでなく、担当者の説明の仕方やアフターサービスの話、疑問点やデメリットについてもきっちりと話してくれるかなどを総合的に判断していきます。より自分たちの家について考えてくれそうなところを選ぶようにしましょう。