この段階ではすでに注文住宅を建てる住宅会社もしくは工務店が決まっている状態になります。

そうであればどういう家を建てるのかと言うことを決めていかなければいけません。まずは注文住宅を建てる上でのプランを作成していきます。ここではどういう家にしたいのかと言うことをしっかりと盛り込んでいくわけです。

ここで漏れが出てくると困ったことになりますので、しっかりと担当者と話し合うことです。

プランの打ち合わせでは綿密に決めていく

まずは具体的に建てていくためのプランを作成していく必要があります。プランの作成の際に住宅会社の担当者からいろいろとヒアリングが行われます。

その時にどういう家を建てていきたいのかと言うことを箇条書きでもいいですから、しっかりと伝えていくべきです。言葉で伝えるのが難しいのであれば、イラストを描いてみたり、カタログなどからこういうイメージがいいということを提示するといいでしょう。

だんだん気心が知れてくると口約束で何かが決まるということがあり得ますが、重要なことが決まったというのであれば、きちんと契約書に記載しておくことが重要です。

きちんと証拠を残していれば、どちらが悪いのかと言うことがはっきりします。特に追加費用が発生する箇所については証拠を残すべきです。言った言わないの言い争いほど醜いものはありませんので、文書にて残しておいたほうがいいです。

請負契約を結ぶ時にどういう内容かを把握する

プランの作成が完了したら、詳細設計が完了をした後に請負契約を結ぶことになります。請負契約を結ぶ際には契約書のほかに、図面や仕様書、工事費などの内訳が添付された書類が提示されます。

これらの書類に基づいて工事が行われますので、工事が始めってから仕様変更がないようにしておかなければいけません。すべての書類を確認して疑問点があればそこで潰しておきましょう。

あとは何かトラブルが起きた時にどうなるのかと言うことについても説明を受けるべきです。トラブルに関して特に注意するべき事項としては引き渡し時期や瑕疵担保責任、違約金などのことになりますので、これらの点についてはよく確認をしておいてください。トラブルが起きてから確認をするのでは遅いので、請負契約を結ぶ段階でそういうことをチェックしておく必要があります。