占い師が果たす役割は判断にお墨付きを与えること?正解が無いことに対するアドバイス

占い師へ相談することは主に女性が多いという認識を持つ人がいますが、実際には男性も占い師を頼りにしている人は多いです。

政治家や会社経営者も判断に迷った時に占い鑑定を受けて結果を参考にすることは珍しくありません。

では、占い鑑定を参考にするためにはどのような内容が適しているのでしょうか。

ポイントとなるのは論理的にどちらが正しいか判断できない問題に直面した時に、背中を押してくれる存在が占い師の役割という点です。

経営判断は正解が分からないからこそ意思決定に占いが役立つ

会社経営者が凄腕の占い師をひいきにしていることは、聞いたことがある人も多いはずです。

起業家や大企業を一代で築いた経営者であっても、人生で何度もピンチが訪れていて判断を誤った経験があります。

なぜなら、会社経営者は役職名だけでは分からないほど重圧を常に受けていて、自らの経営判断で社員全員の生活に影響を与えてしまうからです。

そして、学生時代には問題に対して必ず正解が用意されていますが、社会人となると必ずしも正解が存在しない問題に直面することが珍しくありません。

経営判断は先が全く分からない未来を予知しなければならないからこそ、占いが役に立つ場面となるわけです。

働き方の多様性に伴いキャリアアップの相談にも占いが活用できる

明確なスキル獲得を狙って計画的にキャリアアップを重ねることは、同じ会社内でもある程度可能です。

しかし、上位職種ほどポストの数が少なくなっているためにキャリアアップを果たすためには、転職を視野に入れなければならないことが増えています。

中でも技術職やIT関連の職種はプロジェクト単位で仕事を受注する機会が増えており、結果的にある程度の技術を身につけてフリーランスとして働くことも視野に入れる必要があるわけです。

占い師への相談が増えている背景として、決められたレールが機能しなくなっていてキャリアアップのためには転職が必要になっていることを表しています。

未来予知を得意とする占い師へ相談してみよう

会社経営や仕事に関する占い鑑定は、未来予知を得意とする占い師へ鑑定依頼することで適切なアドバイスをもらいやすくなります。
人生には分岐点が複数存在し、以後の人生に大きな影響を与えてしまう分岐点の判断は取り返しがつかないことも珍しくありません。
占い師へ完全に依存しすぎないためにも、大きな人生の分岐点に関わることについてのみ未来予知を行ってもらい、占い鑑定結果を今後の参考にすれば自分の判断に自信を持てます。

占い師が果たす役割は、自信がない判断結果に対してお墨付きを与えてあげることに他なりません。

経営者や政治家であっても占いを参考にすることは、長い人生において大きな判断が求められる機会で本人の動きを制限しないために行うものです。

必ずしも正解があるとは限らない難しい判断を行う際には、判断後に自信がなくなって迷ってしまうことが珍しくありません。

そこで、占い師へ未来予知の鑑定を依頼して自分で行った判断か少なくとも最良だったという自信を持つ意味合いがあります。